SW工法でZEH住宅

高気密・高断熱・高耐震の高性能住宅が
健康で快適、安心安全に暮らしを守ります

家の基本性能で重要なのは、断熱性が高く、気密性が高く、耐震性が高いことです。わかりやすく言いますと、高断熱=外部との熱の出入りをさえぎること、高気密=隙間がすくないこと、高耐震=地震に対して強いこと、となります。このすべての要素が高く、しかも環境に優しい省エネ住宅であるZEH住宅を小川工務店はご提供しています。

ZEHをオススメする理由

ZEHとは?

ZEH(ゼッチ)とは「net Zero Energy House」の略であり、自宅でエネルギーを創ることによって、年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス“ゼロ”にする住宅のことです。ZEH住宅は省エネで環境に優しいこともあり、官民一体で普及を推し進めています。ZEH住宅をお得に建てられるサービスや補助金も各種用意されています。

1344905
使用電力より、創る電力を増やし、ゼロエネルギー住宅に!

SW工法でZEHを実現

はじめに高断熱・高気密・高耐震が家の性能として大事なことだとご説明しましたが、LIXIL SW工法は高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造が特長です。SW工法でZEHの条件を満たしますので、住む方々の健康や安全を守ってくれます。

SW工法が高い断熱性能を発揮します。当社基準のUA値(熱の逃げにくさを表す値)は0.5W/㎡・K以下です。

house_dannetsu

SW工法はわずかな隙間も見逃しません。30坪のお家を建てた場合、他社では隙間相当面積C値は5程度(隙間は22㎠)ですが、当社ではC値0.5(隙間は7㎠)以下を目標にしています。

SWパネルを使用したモノコック構造や制振テープにより、地震や台風などに対して強さを発揮。建築基準法の1.5倍の耐震性を保つ耐震等級3を実現します。これは消防署など防災の拠点となる建造物の耐震基準に相当します。

jishin_tsuyoi

健やかな空気を保つため、空気の流れを活用して温度も湿度も交換できる全熱交換型第一種換気システム「エコエア90」を採用。壁内部の結露防止にも効果を発揮します。

太陽の光や熱、風など自然の力を取り込み調整することで、四季を通じて快適に暮らせる住まいづくりを目指す設計手法を取り入れます。

SW工法の高断熱・高気密・高耐震にあわせて
換気システムとパッシブ設計で万全の態勢を整えます

SW工法でメリットがたくさん!

はじめに高断熱・高気密・高耐震が家の性能として大事なことだとご説明しましたが、LIXIL SW工法は高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造が特長です。SW工法でZEHの条件を満たしますので、住む方々の健康や安全を守ってくれます。

SW工法が高い断熱性能を発揮します。当社基準のUA値(熱の逃げにくさを表す値)は0.5W/㎡・K以下です。

SW工法はわずかな隙間も見逃しません。30坪のお家を建てた場合、他社では隙間相当面積C値は5程度(隙間は22㎠)ですが、当社ではC値0.5(隙間は7㎠)以下を目標にしています。

SWパネルを使用したモノコック構造や制振テープにより、地震や台風などに対して強さを発揮。建築基準法の1.5倍の耐震性を保つ耐震等級3を実現します。これは消防署など防災の拠点となる建造物の耐震基準に相当します。

もうひとつの基準「HEAT20」

HEAT20 は断熱性能の評価基準で、G1・G2・G3 の3 グレードに分かれています。そもそもHEAT20 は「一般社団法人 20 年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会」の呼称です。低環境負荷・安心安全・高品質な住宅等の実現と、居住者の快適性向上や健康維持のための技術開発、評価手法、そして断熱化された住宅の普及啓蒙を目的とした団体です。

※ UA 値(外皮平均熱貫流率)とは、住宅の内部から外壁・屋根・開口部などを通じて外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値のことです。 UA 値が小さいほど、熱が逃げにくく、高断熱な省エネ住宅でということになります。

※断熱性能等級とは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で規定された「省エネ性能」を表す基準です。 1 等級から7 等級まであり、等級が高いほど断熱性が高いことを示しています。

ZEH+とは、ZEHから更なる省エネルギーを実現し、再エネの自家消費率拡大を目指した需給一体型を目指したZEH戸建住宅のこと。一次エネルギー消費量を、省エネ基準から25%(ZEHは20%)以上削減させることなどの条件があります。

ZEH+、HEAT20 G2対応の
高性能住宅はオガワ工務店にお任せください

お金の話

家を建てるには土地代や建築費がかかりますが、家は建てればそれで終わりというわけではありません。建てた後もメンテナンス料や保険料、ローンや光熱費を支払い続けます。本当にお得な住まい作りを考えるなら、家を建てた後にかかるランニングコストも考慮する必要があります。

ZEHをお得に建てるには‥‥

日本は世界と協調して2050 年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指しています。その実現のために省エネ住宅を推し進めており、国だけでなく企業もZEH 住宅への様々な補助事業を用意しています。そんなご時世ですので、家を建てるようとお考えならZEH 住宅が絶対お得です。なかでも注目の補助関係事業を3つご紹介します。

「建て得」LIXIL TEPCO スマートパートナーズ

お客様のご自宅の余剰電力売電収入を LIXIL TEPCO スマートパートナーズ に支払う代わりに、お客様にご購入いただく太陽光発電システムのローン支払負担が「実質0 円」になります。

建て得

1. ZEH で消費電力が大幅に抑えられます。
2. 太陽光発電システムで昼間発電した電力を0 円で利用できます。
3. 建て得はお得な電気料金プランとセットになっており、発電しない夜などに購入する電気もお得に利用できます。

PAGE TOP